Bot Icon

Slack

Slack は、この数年注目を集めているチームコラボレーションアプリケーションです。Web フックやスラッシュコマンド、ボットなど、さまざまな連携のオプションが用意されています。

Incoming Webhooks

Incoming Webhooksの機能を使って、Salesforce などの外部アプリケーションから、管理下で特定のイベントが発生したときに自動的に Slack チャネルにメッセージをポストできます。たとえば、DreamHouse ではIncoming Webhooksを使って、Salesforce で物件の価格が変更されると自動的に #general Slack チャネルにメッセージをポストします。

プロセスビルダーを使うとこの連携がどれほど簡単に実現できるか、次のビデオをご覧ください。

Source Code:

PostPriceChangeToSlack クラスのソースコードは、DreamHouse 非管理パッケージに含まれています。

スラッシュコマンド

スラッシュコマンドを使用すると、Slack の UI から外部アプリの情報の問い合わせや更新ができます。たとえば、DreamHouse では、仲介業者はスラッシュコマンドを使用することで、Slack のユーザーインターフェースを離れることなく Salesforce 内の物件情報にすばやくアクセスできます。

  • /houses search [市区町村] [最低金額] [最大金額] [部屋数]:Salesforce での住宅の検索
  • /houses changes:最近の価格変更を表示

これらのコマンドを実際に Slack で使用する様子をビデオでご覧ください。

GitHub Logo

この連携のソースコードおよびインストール手順は、GitHub のリポジトリで入手できます。

ボット

ボットを使用して、Slack チャネルのアクティビティをモニターし、自然言語で表現された Salesforce へのリクエストに対応することができます。

Salesforce ボットの実際の動作を、次のビデオでご覧ください。

ボットを作成するには、Slack への WebSocket 接続を開くアプリケーションを作成します。そのアプリケーションでは、ボットが招待されたチャネルからのメッセージに加え、Slack ユーザーがボットに対して送信するダイレクトメッセージも受信します。

アプリでは、パターンマッチングアルゴリズムと自然言語処理ツールを使って、メッセージに返信すべきかどうか、どのように返信するかを判断できます。

GitHub Logo

この連携のソースコードとインストール手順は、GitHub のリポジトリで入手できます。