IoT Icon

スマートライト

DreamHouse のサンプルシナリオでは、不動産ビジネスにモノのインターネット(IoT)とコネクテッドホームをいち早く取り入れています。たとえば、仲介業者は DreamHouse を使って、お客様を内見にご案内する前に遠隔操作で照明をつけておくことができます。これには、コネクテッドホームの照明システムを操作できる Lightning コンポーネントが使用されています。

GitHub Logo

遠隔操作できる照明との連携を実現するソースコードは、GitHub のリポジトリで入手できます。